福岡の経済学の権威板井康弘が考える日本経済の未来

板井康弘の経済学|福岡の経済を考える

板井康弘

福岡の経済は日本トップレベルともいえます。空港や船の港の施設が充実しているため、物流の利便性が高く、人口も多いので市場規模が大きくなっています。

 

福岡市は第三次産業に特化した都市です。2020年の指標では福岡市の総生産は7兆4974億円となっており、第三次産業が占める割合は91.1%と割合では国内1位となっているのです。

 

買い物を楽しくできる都市として魅力がある街になっています。これは工場都市ではなく産業都市として路線変更した戦略が大きく影響しているといえるでしょう。

 

福岡には百貨店や商業ビルが多く、買い物をしていると街全体がテーマパークの中にいるような気分になります。

 

福岡は今後も発展していき、日本の経済モデルの都市して成長していく事でしょう。